山形 3

モンテディオ山形の新スタジアムの基本計画が策定される…2万人収容のサッカー専用スタジアムの事業者を公募へ

更新日:

 

整備事業者を公募へ

サッカーJ2、モンテディオ山形の新スタジアムの基本計画が策定されました。
目指すのは、1万5000人から2万人収容のサッカー専用スタジアムで、整備する事業者を新年度から公募する方針です。

基本計画はおととし設立された「新スタジアム推進事業会社」が策定し、27日、県庁で吉村知事に報告しました。


モンテディオがホームとする「NDソフトスタジアム山形」は、観客席を覆う屋根が少ないことなどを改善するようJリーグから求められていて、基本計画では、新スタジアムは天然芝のサッカー専用スタジアムとし、観客席すべてを覆う屋根を備えるとしています。
収容人数は1万5000人から2万人で、建設費用は総額で72億5000万円から113億円という見通しを示し、多くの資金が必要となることから、土地や資金の提供では県や市町村など公共の関与が望ましいとしています。


スタジアムを整備する事業者の公募を新年度・2019年度に始め、建設場所や運営方法などを含めた具体的提案を第三者委員会が審査して、来年9月に事業プランを決定し、2025年の供用開始を目指します。


会見した寒河江浩二代表取締役は「山形の経済力を考えると、民間だけでの整備は現実的ではない。われわれしては公設民営という形が一番適していると考えており、地域おこしと組み合わせるなど多様な力を持ったスタジアムにしていきたい」と述べました。
また、吉村知事は「新スタジアムは将来的には必要だという認識は変わらない。全国の事例を参考に、県としてどう対応するか検討したい」と述べました。

建設費用が総額72億~113億円かかるということから、民間だけでは難しいという判断なんだね。
だから公募にいたったんだ。
多くの資金や土地が必要なわけで、公共の関与は必要条件…
うまくいけば2025年には共用開始か…期待したい!
動画のニュースもこちらから見れるよ。

イメージ図

スケジュール

twitterの声

-山形

Copyright© J2まとめブログ , 2019 All Rights Reserved.