大宮 長崎 1

長崎国際テレビが長崎×大宮戦を地上波独占生中継…スペシャル企画として前田悠佑&神崎大輔による副音声「150%長崎解説」を実施

更新日:

来たる3月30日、J2第6節長崎×大宮の一戦。

6年間長崎を指揮した高木監督、J1昇格の原動力となったファンマを擁する大宮と長崎の一戦はある意味"因縁"の対決といえるでしょう。

また手倉森監督と高木監督という知名度と実績のある監督の対決でもあり注目を集める対戦カードでもあります。

スペシャルな副音声企画

そんな一戦を長崎国際テレビが地上波で独占生中継。

ただの中継ではなく、元V・ファーレン長崎の所属選手であり、人気を誇る前田悠佑さんと神崎大輔さんによる副音声解説が行われるとのこと。

長い在籍期間

神崎大輔さんは8年間長崎でプレー。現在は長崎のアカデミーコーチを務める。

前田悠佑さんは7年間長崎でプレーし、J1昇格に貢献。現在は、長崎の普及インストラクターを務める。

長崎のことを誰よりも知る2人の解説はぜひ聞いてみたいですね!

100%じゃなくて150%の解説だって。
何を話すんだろ…高木監督のことにも触れるのかな?

 

色んな意味で注目の一戦

  • 6年間長崎を率いた高木監督やファンマ選手は古巣対決
  • 高木監督と手倉森監督の直接対決
  • スペシャルな副音声

 

 

不思議な感覚

また、大宮アルディージャ公式が対戦プレビューを公開。

高木監督の愛のこもった長~いコメントも掲載されていました。

不思議な感覚か…

「私は昨年まで6シーズン、長崎の指揮を執っていたので、大宮での初対戦ということもあって、不思議な感覚があります。2回のJ1昇格プレーオフや2017年のJ1昇格など、生まれ育った地元のクラブを率いることができ、多くの経験をさせていただきましたし、指導者として良い時間を過ごさせていただきました。様々なことにチャレンジした中で、色んなことを少し確立できた経験は、私にとって大きかったと感じます。

 長崎は5試合で2得点の3失点。徳重選手を中心に堅い守備をしてきますが、先制点が大きなウェイトを占めると思います。先に取られてしまうと、うちの選手たちに火が着くという面はありますが、どうしてもリスクを負わなければいけなくなります。だからこそ、最初から積極的に戦うことが重要です。水戸戦では良い入りができましたし、攻撃の形は出てきているので、トレーニングを含めて継続していくことと、得点チャンスをしっかりと決め切ることを意識したい。ゴールを取るためには、技術だけでなく、どん欲さも必要だと思います。

 この3連戦で、やはり勝点を積み重ねていきたい。連戦ではコンディションを崩す選手やケガ人が出てくるかもしれません。ここまでの5試合では、状態の良い選手を起用してきたことで選手の入れ替わりが多かったですが、質が大きく下がってしまうことはありませんでした。大宮の選手たちはある程度の力を持っていますし、選手層の厚さは強みだと思います。もちろん、それだけでは勝てません。勝利するために色々な準備をした上で、最終的にはピッチで、勝ちたいという気持ちを表現できるかが重要だと思います」

なるほど…先取点が試合の大きなウェイトを占めると…
固いゲームになりそうだね。

 

twitterの声

 

関連記事

V長崎、『ジャパネットたかたテレビショッピング』に生出演…高田社長のダメ出しが…www

続きを見る

Vファーレン長崎、前田悠佑が12年間のプロ生活に幕「JFL優勝、J2昇格、J1昇格を経験出来た事は本当に幸せでした」

続きを見る

-大宮, 長崎
-,

Copyright© J2まとめブログ , 2019 All Rights Reserved.